ビタミンC情報TOP >イベント情報 >過去のイベント >市民講座「健やかに、美しく−ビタミンの大切さ−」

イベント情報
ビタミンC情報トップライン
市民講座「健やかに、美しく−ビタミンの大切さ−」

平成20年度「ビタミンの日」講演会

市民講座  「健やかに,美しく  ―ビタミンの大切さ―」

場所: 岡山大学50周年記念同窓会館
        (岡山市)

日時: 2008年(平成20年)12月13日(土)
          13時〜17時

主催: 「ビタミンの日」委員会

協賛: 社団法人ビタミン協会
          日本ビタミン学会

後援: 岡山県、岡山市、岡山県医師会、
          岡山市医師会、岡山放送、
          岡山県栄養士会、岡山県薬剤師会、
          山陽新聞社、岡山大学

参加費: 無料
            (どなたでもご自由にご参加下さい)

12月13日講演会パンフレット

「ビタミンの日」
今から約100年前の明治43年(1910年)12月13日に開催された東京化学会常会において、
東京帝国大学の鈴木梅太郎博士が当時まで未知であった抗脚気因子を米糠から分離し
「アベリ酸」と命名したと発表されました。この「アベリ酸」は後にオリザニンと改名されましたが、
ビタミンB1にほかなりません。
この世界に先駆けた日本の誇るべき偉業を後世に伝えるため、口頭発表された12月13日を
「ビタミンの日」に制定することになりました。

<講演1>

田中 弘之
「成長と老化とビタミン:子供が健やかに成長し、美しく老いるために」

岡山済生会総合病院 診療部長
受賞歴
平成3年:第10回日本骨代謝学会奨励賞
平成11年:日本骨代謝学会学術賞
平成12年:日本ビタミン学会奨励賞

12月13日講演会1

<講演2>

山本 格
「健康と美容及び再生医療のためのビタミンC」

岡山大学名誉教授、(株)アスコルバイオ研究所所長
受賞歴
平成12年:第25回井上春成賞(科学技術振興事業団)
平成12年:中国地方発明表彰「岡山県知事賞」
平成15年:日本ビタミン学会学会賞
平成16年:第54回工業技術賞(大阪工研協会)
平成16年:東久邇宮記念賞(東久邇宮記念会)
平成17年:第63回山陽新聞賞(山陽新聞社)

12月13日講演会2

<講演3>

虎谷 哲夫
「はたらくB群ビタミンと健康」

岡山大学大学院教授、本会幹事
受賞歴
昭和55年:日本生化学会奨励賞
昭和63年:日本ビタミン学会学会賞

12月13日講演会3